« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の6件の記事

2012年1月28日 (土)

銀輪よ、あれが水戸の灯だ! 取手~水戸 サイクリング

14インチ・・・こんなにタイヤが小さくて、内装3段変速の 5LINKS に、旅の自転車が務まるのでしょうか? それを確かめようと、今日は取手から、学生時代に過ごした水戸まで走ってみました。
写真と地図
※気温は気象庁の気象統計情報のページで調べました。単なる寒さ自慢です ^^;


08:49 龍ヶ崎の気温 0.6度
自転車で遠出するときは、いかに朝早く出発できるかが最初の関門ですね。今朝も寒く、腕枕のなみは暖かくて、8時頃のつもりだったけど結局 11:51 出発となりました。龍ヶ崎の気温は 4.0度でした。


12:18 龍ヶ崎の気温 4.6度
水戸街道藤代宿、片町の交差点。

いまは「自転車は車道を走れ」と言われます。法律通りなのですが、地方の国道では車も速くて、それは命懸けです。今日は全行程のほとんどを歩道で行きました。自転車なら本当はこんな道じゃなくて、ひなびた裏道を探して走るのが楽しいですが、今日は出発が遅れた分、国道をひたすら進みます。それに学生時代に原付や車で通った道は、やはり一番なつかしいです。
ランドナーではその能力を持て余してしまう街中や歩道も、折り畳み自転車や小径車はよく似合います。くれぐれも歩行者優先。


12:34 龍ヶ崎の気温 4.0度
藤代の町を抜けて、左手に牛久沼が見えてきます。


14:00 土浦の気温 5.4度
出発から 2時間、土浦を通過。ここは関東鉄道筑波線の新土浦駅跡。土浦から出た最初の駅です。画面奥が土浦方向です。


14:01 土浦の気温 5.4度
上り列車になったつもりでプラットホームに接岸。先日の雪が残ってます。日陰は寒いです。装備はリアキャリアを付けただけですが、これでもう立派なツーリング仕様です。ただ走行中は荷物を目で確認できないので、貴重品用にフロントバッグがほしいところです。今日はパスポート用のネックポーチをハンドル中央にかけて、マジックテープでハンドルポストに固定しました。


14:02 土浦の気温 5.4度
同駅跡から筑波・岩瀬方面。すぐそこで国道6号を横切ります。ここから先は長い自転車道路になっています。以前、冬に土浦から岩瀬まで走ったことがありますが、平野の中を北西方向へ、冷たい季節風にまともに逆らうコースで参りました。至るところに駅(跡)があるのに、輪行に切り替えて逃げることができないです(笑)。春以降がお勧めです。


14:28 土浦の気温 4.9度
千代田の須田うどん。なんてことのない風景ですが、まわりで道も建物も大きく変わった中で、昔から変わらないものを見つけると懐かしくなります。


14:59 土浦の気温 5.5度
8世紀の常陸国風土記の茨城の郡に「信筑之川」と書かれた恋瀬川。
「源は筑波の山より出で、西より東に流れ、郡の中を経歴りて、高浜の海に入る」(小学館「風土記」植垣節也・訳)
今も高浜の海(霞ヶ浦)はすぐそこにあり、JRの駅名も「高浜」です。

取手を出て 3時間。日が傾いて次第につま先が冷たくなってきました。まだ先は長く、本当に水戸まで行き着けるのか心細くなりました。


15:23 土浦の気温 5.1度
このあたりに昔、山田うどんがあって、原付で数え切れないほど立ち寄りました。その後ここを通り過ぎるときいつも探すのですが、それがどこだったかよく分からないです。なんとなく、この写真の場所だったような気がします。無口なおやじさんが、茹であがったうどんのお湯を切る気取った動作が、毎回同じなんです。柄のついたざるを湯から引き上げて、ゆっくり持ち上げて、頂点から落とし始める所要時間も毎回同じで、とっても正確。よく覚えてます。

まだ疲れはないのですが、足が冷たくて、石岡駅で電車に乗って帰ろうかと思いました。でもまあもうちょっと、と走り出しました。ここからあとは常磐線は国道から大きく離れ、簡単に電車で逃げられません。


16:55 水戸の気温 1.6度
日が暮れてしまいました。筑波山もあんなに遠くなったけど、目指す水戸まではまだけっこうあります。ここで前照灯と尾灯をつけました。

このあと国道6号を離れて県道50号に入る頃にはすっかり暗くなりました。石岡を過ぎたあとからもうつま先がずっと冷たくて痛くて、走っててもぜんぜん楽しくないです。この自転車で取手から水戸まで走れるってことを確認したい、ただそれだけのために走ってます。前方に県庁の建物が見えてくるのですが、高い建物で遠くからもよく見える分、走っても走っても、ぜんぜん近づいてこないんですね。さいごに千波湖の横に下る坂道に着いたときは、あと少しで暖かい電車に乗れるって、それしか考えてませんでした。


18:08 水戸の気温 0.2度
「銀輪よ、あれが水戸の灯だ!」なんて思っちゃいました(笑)。ばかみたいですが、航空黎明期の大冒険を、超縮小版で追体験できるのも、自転車の良さかなって思いました。人に話すのも恥ずかしい、全然冒険じゃないですけど、自分にとっては大切な、小さな冒険の記憶になりました。

長距離サイクリングの後半って、私の場合はですけど、たいていは「なんでオレこんなアホなことやってんのかな~」って思いながら走ってます。時間の見積りがいーかげんだからなのでしょうね。疲れるし、夏は暑いし、冬は寒いし。走ってても全っ然!楽しい気がしない時間が続くんですよ。だけどどんなときでも、その日が終わる頃に思い出すと、その旅がとても懐かしくて、かけがえのない記憶になってて、またそこに出掛けたくなるんですね。

さて、本題がさいごになりましたが、5LINKS でのプチツーリング、とても楽しかったです。取手から水戸まで 69km。そのあと学生時代に過ごした町を訪れて、今日の全行程は 79km。寒さでつま先が痛くて困りましたが、それ以外にはこの距離を走るのに何の問題もありませんでした。食事・休憩・暖をとりながら進めば、まだまだいけると思います。

ママチャリ的乗車姿勢はお尻が痛くなるかと思いましたが、それは全然問題なかったです。サドルを高め(ツーリング車としては普通の高さ)にしたので、体重の多くを推進力に使えたからかなと思います。それとサドルは見た目はスポーティですが、じつはすごくしなやかで、サドルが当たってる面の中で、特別に押される点(つまり痛くなる部分)がありませんでした。なんていうサドルなんでしょうね。メーカーとか詳しくないので分かりませんが、8~10万円の車体価格を納得させてくれる一部分でした。

それから内装3段変速ですが、元気なうちはこれで十分走れますが、最後の数 km、足や体力の疲れから、もっと細かい段がほしいな、とは思いました。疲れてからが効きます。僅かな坂道でも 2速では速度を維持できず、かといって 1速では軽すぎる、そんなときはやはり 1速で走るしかなくて進まなくなります。疲れもこれで倍増。2速と 3速の間も同じ。このモデルでもっと長距離を走るとき、限界はここで決まるのかもしれないと思いました。5LINKS の 16インチモデルなら、タイヤの大きさ以上に、外装多段変速という点ですごく有利だと思います。それならもっと走れるでしょう。でも 内装3段の扱いやすさや気軽さや手間のかからなさも魅力です。第一、休憩や食事を十分とってないからそういう疲れ方をするのであって、ちゃんと体力を保ちながら走れば、3段モデルでも、もっとずっといけます。私は今選びなおせるとしても、16インチ車・14インチ3速車のどちらを選ぶか、まったく対等に迷うと思います。

そうそう!水戸駅に着いて自転車の分解を始めたのは 19:30 頃で、この時間の水戸の気温は マイナス0.8度でした。取手に着いた 21:50 頃、龍ヶ崎の気温は マイナス2.5度でした。気温零下の中、すぐに分解/組立が終わる 5LINKS はとてもありがたかったです!

以上、まとまりませんが、結論。
こんなにタイヤが小さくて、内装3段変速の 5LINKS ですが、もちろん速度も走行距離の限界も本格的なランドナーには及びませんが、走る楽しさは変わらず、十分に旅の自転車を務めてくれると思いました。

5LINKS の 最初の記事 前の記事 次の記事

ABUS 自転車用ロック一覧(DIATECH PRODUCTS)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(Amazon)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(楽天)
ABUS スペアキー直送システム(ANSHIN屋@斉工舎)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(Amazon)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(楽天)

2012年1月19日 (木)

5LINKS でアルトサックスを運ぶ予行演習

昨日、バンドの練習がありました。5LINKS でアルトサックスを運ぼうと思って、部屋で予行演習をしました。もうすぐにでも電車に持ち込めます。ただ今回は、駅ビルの狭いコンビニでお金を引き出すのに邪魔そうなのと、帰りが平日夜中でかなり混雑しそうなので、結局やめておきました。でもいい練習になりました。
写真


5LINKS を折り畳んで立てたあと、荷台にサックスをくくりつけます。背景の壁のテープ、お見苦しくてすみません。愛猫はなちゃん の爪とぎ跡です ^^


普通のバッグ類とかなら良いのですが、アルトサックスのケースを横にすると幅が広くて、引いて歩くのに困ります。このように縦にくくりつけました。サドルを折ったところの 1点にサックスケースが当たるので、傷が気になる方には向きませんが、これで何とか固定されます。


付属のカバーをかけて出来上がり ♪


ただし紐がじゃまでカバーが少しめくれます。紐の位置を変えればもっとちゃんとするかもしれないですね。


荷物がなければこの通り。ワイヤーの取り回しが下手なので上部がちょっとふくれてますが、上手にやればもっと幅を小さくできるでしょう。
このカバーですが、Web でよく見る "巻き付ける" タイプのものではなく、単純に上から被せるものでした。前者は 5LINKS のサイトで「旧製品です」と書かれているので、付属品が変更になったということですね。
被せるタイプは何となく普通でインパクトないですが、布の類を畳むのが苦手な私は、この方が使いやすいです。畳んだサイズもかなり小さくなりました。


ところで 5LINKS の左ハンドルは引き抜いて折って、輪行のときの幅を狭くできるようになってますが、この抜き挿しがかなり固くて参りました。ハンドルバーの接合面はガリガリに傷つくし、挿し込むとき一生懸命押しても、なかなかおしまいまで入りきらず、左だけハンドルが長くなったりします。
何とかしようと、金管楽器用のスライドグリスをつけてみました。まだ少し固いですが、根元まで全部入りました。クランプをしっかり留めれば滑ることはなさそうです(安全の保証はできませんので、お試しの際は自己責任にて、十分にお気をつけてお願い致します)。

5LINKS の 最初の記事 前の記事 次の記事
銀輪よ、あれが水戸の灯だ! 取手~水戸 サイクリング

ABUS 自転車用ロック一覧(DIATECH PRODUCTS)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(Amazon)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(楽天)
ABUS スペアキー直送システム(ANSHIN屋@斉工舎)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(Amazon)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(楽天)

2012年1月17日 (火)

赤い自転車/5LINKS で初出勤


5LINKS さんと橋輪さんに先日のパンクのことを話してみたら、初期不良で対応して下さいました。柏のお店で受け取って、手賀沼の南を通って取手に向かってます。
写真と地図

自転車の色は何色が人気があるのでしょうね。あなたは何色が好きですか。私は青とか緑が好きです。でも風景の中に自転車をおいてみるとき、赤はいい感じだと思います。

どの本か忘れてしまいましたが、広重の東海道五十三次の本で、落款(絵の中に押されたハンコ)の赤色が、絵の印象に小さくない影響を与えている、と読んだことがあります。

学生の頃、明るい緑色のブリヂストン・ロードマンに乗ってました。筑波山の西の麓で写真を撮りましたが、空が青、山の木が深緑、道端の草が緑、そこに緑の自転車で、写真まるごと青っぽくていまいちでした。赤い自転車を写し込めば、落款のような効果が出るのではないかと。昨日の手賀沼南は冬の曇りで、それほどでもありませんが、夏の晴れた日なんかすごくいいだろうなと思います。


夜勤明けの帰り道。100年前の地図を見​ると、ここに学校があ​ったらしいです。

昨夕と今朝、5LINKS を初めて通勤に使ってみました。小径車でどれだけ走れるか分からなかったので、所要時間をいつもの 5割増しで見てました。26インチのクロスバイクで 1時間で走ってる道ですが、5LINKS でも結局、5分余計にかかっただけでした。信号待ちなどの効果もあると思いますが、なかなかの走行性能です。これなら通勤にも十分使えると思いました。(ただ、ギヤは 3速(top)を多用しました。1速モデルでは、ギヤ比が 3速モデルの 2速相当なのでつらいと思います。)

5LINKS の 最初の記事 前の記事 次の記事
銀輪よ、あれが水戸の灯だ! 取手~水戸 サイクリング

ABUS 自転車用ロック一覧(DIATECH PRODUCTS)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(Amazon)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(楽天)
ABUS スペアキー直送システム(ANSHIN屋@斉工舎)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(Amazon)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(楽天)

2012年1月13日 (金)

5LINKS、パンクしちゃいました

5LINKS を入手して初めての昼間。今日は試しに取手から水戸まで 70km 程度のプチツーリングをやろうと思いました。輪行が超簡単なのは分かってる。先ずはどれくらい長距離走行を楽しめるものか試してみたいと思いました。でも走り出した直後にパンク。10分程度で走った道なのに、歩いて帰るのは遠かった~。まあナリは小さくてもちゃんと走ってるってことですよね (^^;

やっぱりパンク修理セットは載せておいた方がいいですね。米式バルブは初めてだったので、ミニフロアポンプを買ってきました。タイヤが小さくてすぐ空気がいっぱいになるので、通常サイズのポンプは必要ないと思いました。タイヤレバーとパッチはランドナー用に持ってたのを。14インチのタイヤは初めてでしたが、26インチのと変わらず、普通に外せました。パンク修理が初めての方も、市販の本を買ってきて、書いてある通りにやれば、すぐに出来ると思います。なお、タイヤレバーは短めのものが良いようです。14インチホイールではスポークがすごく短くて、少し長いタイヤレバーだととても扱い難いです。

5LINKS は、車輪はクイックレリーズになってないのと、特に後輪は位置決めが難しいタイプなので、車輪を外してチューブごと交換するのはかえって面倒かもしれません。オプションの泥よけも付けない方が、パンク修理は楽かも。

ところでパンク箇所は意外なことにリムにかくれる部分で、1mm 程度の小さい刺し傷状になってました。こんなこともあるんですね。パッチを貼って 1時間くらい走れたのですが、自室に帰ってから「プシュー」という音とともに空気が抜けてしまいました。チューブのリム側ってスポーク用の穴の凹凸があるからパッチがくちゃくちゃってなるのかな。明日お店に持って行って相談しようと思います。

なんか役にもたたない日記をうだうだ書いちゃってすみません。今日はほんのちょっとしか走れませんでしたが、相変わらず風景がやさしく後ろへ流れて行くのを見ながら、「買ってよかった~」ってずっと思ってました。直ったらまた 5LINKS の楽しさを私なりにお伝えして行きたいと思います(^-^)/

5LINKS の 最初の記事 前の記事 次の記事
銀輪よ、あれが水戸の灯だ! 取手~水戸 サイクリング

ABUS 自転車用ロック一覧(DIATECH PRODUCTS)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(Amazon)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(楽天)
ABUS スペアキー直送システム(ANSHIN屋@斉工舎)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(Amazon)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(楽天)

2012年1月12日 (木)

次世代折り畳み自転車、5LINKS!


14​インチ、内装3速、ワ​インレッド色。この写​真は 柏市の橋輪さんと​いう自転車店の、20​11年11月28日の​ブログ記事 から転載さ​せていただきました。今日私が購入した​個体そのものだそうで​、なんか嬉しくなりま​した。
写真と地図

3日前、ブロンプトンを買いに行くつもりでリアキャリア・バッグ類・輪行バッグ等の値段を調べたら、総額 20 万円に届きそうなことが分かりました。ランドナーのオーダー車を狙えるかもしれない金額で、二の足を踏んでしまいました。それで、他にもっと安くていい製品がないかと調べてたら、5LINKS という見慣れないブランドを見つけました。車体価格は 8~10 万円で、安いとまでは言えませんが、5,000 円強のキャリアを付けたら、それでツーリングさえ可能。オプション品で儲けようとしてない印象です。

初め、和製ブロンプトンの地位を狙ってるのかなって思いました。DAHON, R&M と共に、折り畳み自転車の世界の4大ブランドになれたらいいねって。でも調べてるうちに、もっと野心的な製品に思えてきました。そう、ここからが第2世代の折り畳み自転車なんです(私が勝手に言ってるだけですが)。

どこらへんが第2世代かというと、徹底的な輪行のしやすさに加えて、例えば折り畳んだ状態で、荷台と両輪でそのまま、車輪付きの手で引く荷台(キャリーカート)になってしまうようなところ。先行3ブランドはキャスターキャリアなど、折り畳んだまま押して運べるようになってますね。それは自転車をラクに運ぶための工夫。ところが 5LINKS にはもっと踏み込んだ、折り畳んだ自転車にもっと積極的に機能を提供させる、という姿勢があります。いつも持ち主と一緒にあり、自らは移動や保管の重荷に(極力)なることなく、常に移動のための機能を発揮するものを創る、という野心。

5LINKS 社は、自社製品をあまり「自転車」と呼ばないですね。Personal Urban Vehicle。都市に於ける最も合理的な個人用乗り物を検討してみたら、それがたまたま自転車だっただけです、というところでしょうか。紙のカタログに至っては、"自転車" とも "bike" とも "bycicle" とも、1箇所も(!)書いてないです。

ということで、コンセプトに惚れ込んで入手した 5LINKS。これからいろいろ使ってみて、その魅力や気付いたことなどを書いてみたいと思います。お付き合いいただければ嬉しいです。


ぜひ​世界的ブランドに​なってほしいで​す。


柏の橋輪さんに、1速モデルの試​乗車がありました。3​日前に私も試させてい​ただきました。最初、​全てが軽すぎて戸惑い​ましたが、店を離れて 30 分後、不思議に魅​力的な乗車感が残っていることに気付きました。町の景色や雰囲​気を楽しむには最適だ​と思います。

5LINKS の 最初の記事 前の記事 次の記事
銀輪よ、あれが水戸の灯だ! 取手~水戸 サイクリング

ABUS 自転車用ロック一覧(DIATECH PRODUCTS)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(Amazon)
「ABUS 自転車 ロック」- 検索結果(楽天)
ABUS スペアキー直送システム(ANSHIN屋@斉工舎)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(Amazon)
「自転車 盗難 アラーム」- 検索結果(楽天)

2012年1月 3日 (火)

【冬缶38】城南島から見た東京湾と羽田空港


写真と地図 音声 4'30" 音声 2'07"

羽田空港の離陸機の音を録りに行きました。空港北の城南島です。大都会・東京の中なのに、交通が不便でなかなか歩いては行けない、特異な場所。車でなければ、電車と自転車に頼るしかありません。その意味で、アルプス地方のサイクリングのような気分に、少しだけなれました。(本当はバスもあるのですが・・・まあそれは見逃して下さいね^^;)


東京湾!右手方向に羽田空港!

年末年始にまた、手持ちのランドナーを Yahoo!オークション に出品しました(出品価格が高いので、相変わらず入札してもらえないです^^;)二代目愛猫のなみちゃんを迎えて、ロングツーリングを再開するのではなく、電車と折り畳み自転車で、いろいろなところへ短時間で出掛けるサイクリングを始めようと思いました。『猫のいる自転車生活』です。

その用途には、やはり ブロンプトン か BD-1(私の場合、comfort) がいいと思いますが、とりあえずの最後に、ALPSランドナーをブロンプトン的に使うとどうなのか、やってみました。

品川駅から城南島までは 10km もありません。そんな距離を走るのにランドナーのフォーク抜き輪行なんて、釣り合わないって思ってました。実際、分解・組立の手間は、私が下手なせいもあって、やはりこの程度のサイクリングには大袈裟ではあります。ですが、埋立地らしい、ただ広くて景色の変化が少ない場所を走るのには、ランドナーの実力はとても有効でした。自転車が走ってくれないと、多分いやになっちゃいます。フロントバッグも録音機材を含む 3.5kg の荷物を運ぶのに、とても役に立ちました。

とはいえ、折り畳みでない自転車を日常的に輪行するのは、やはり敷居が高いです。今日は行くぞ!という気合が要ります(私の場合)。ちょっととなりの町を見て来たいな、そんなサイクリングがメインの私には、折り畳み自転車の敷居の低さも大きな魅力です。まだまだ迷う日が続きますが、一度組み立てて走り出したあとは、ランドナーは最高に楽しい!今日はそれを再確認するサイクリングになりました。

機材:RODE NT4(マイク)/KORG MR-2(録音機)
ここは空港から少し距離があるためか、離陸機の音はそんなに大きくなかったです。Korg MR-2 のマイク感度は "Mid" にしました。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

無料ブログはココログ