« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の2件の記事

2010年8月11日 (水)

ゆびさきミルクティー・英語版、米国人から見て、どう?

ゆびさきミルクティーの英語版は、英語の国の人から見たらどうなのでしょうか。ちゃんと良い英訳になっているのか。この本はホントに英語の国で読まれているのか。英語の勉強に使おうと思って以来、気になってました。

先日eBayで、英語版の3セット目を落札したのですが(私バカみたいですね^^;)、セラー氏が U.S. の方だったので、少し質問してみました。

■この英訳は、U.S.の方から見て、自然な英語になっていますか?
■ゆびさきミルクティーは、単行本だけでなく、週刊漫画誌に載っていますか?
■この本は、アマゾンだけでなく、U.S.のリアルの書店でも売ってますか?

セラー氏からは、下記の要旨のレスをいただきました。

●ゆびさきミルクティー・英語版は、書店でもオンライン店でも容易に入手できた。しかし、U.S.では他のマンガがそうであると同様、出版後2~3年で、店頭ではなかなか見つからなくなった。
●どの巻も良く訳されている。第一言語がおそらく英語である人によって、訳されたのだろう。

実際には、この本の翻訳者は、苗字から日本の方のようにも思われますが、もう一人 English Adaptation という担当さんがいて、名前から、日本以外の国の方のように思われます。このお2方の共同作業で、セラー氏が「第一言語がおそらく英語である人によって、訳されたのだろう」と考えるほどの訳文になったのかもしれません。

いずれにしても、この本はやはり英語圏の書店店頭に並べられた実績があり(=人々に読まれていて)、訳文もしっかりと出来ていることがうかがえます。好きな作品が、外国でも読まれているというのは、何か嬉しいですね。

最後に、私がセラー氏に送った質問メッセージを掲載します。でたらめな英文も、何回も言い換えながら書けば伝わるだろう、みたいな?ホントやばいんですけど、元ネタがあれば、セラー氏の回答を、少しイメージをもってお読みいただけるかと思いまして。

また、フィードバックを書くとき、セラー氏の返信文を転載させてもらえないか頼んでみます。OKが出たらここに追記します。確実ではありませんが、乞うご期待!

########## 質問メッセージここから ##########
I'm glad to see "This is not hentai manga" on your description.
I also think so.

By the way, if possible will you let me know about these 3 questions written below?

Q1.
Is usage of English in this manga good(natural as U.S. English)?
Is it good usage?
Are they native English language?
Or are they Japanised English(strange usage)?

Q2.
Is yubisaki-milktea sold as only pocket books(vol.1,2,3...) at U.S.?
Or is this manga carried also by a weekly comic magazine?

Q3.
Are these volumes sold on Amazon only?
Or are they sold at also real book shop in U.S.?

I like this manga very much.
I am interested whether this manga is popular with U.S. people.
And I am interested whether the usage of English is good in this manga.

I'm introducing English version of this manga for Japanese on my web site.
It might be one of good English-textbook for Japanese.
########## 質問メッセージここまで ##########

2010年8月 3日 (火)

KORG MR-2(MR-1の後継機種)・・・購入見送り

【追記 2010/09/27】
やはり KORG MR-2 を買いました。9月27日の KORG MR-2 を入手、さっそく試し録りしてみました という記事に、録音した音声を掲載しました。よろしければぜひお聴きになってみて下さい。


久し振りにサウンドハウスのサイトに行ってみたら、KORG MR-1 の後継機種らしい MR-2 という録音機が発売されてました。

私の MR-1 はバッテリーがダメになってしまい、補助電源を使っていましたが、時々電気的なノイズが入る原因になっているようなので、後継機種が出たら買い換えようと思っていたところです。

この MR-2 は、単3NiMH電池で4時間動かせるし、記憶媒体も SD/SDHC で、MR-1 のように、バッテリーや HDD の寿命に煩わされることもなさそうです。

それからマイク内蔵型になりました。私はおじさんバンド「モモタスーパーリズム」のスタジオ練習の録音係(?)を務めてまして、今でも MR-1 と RODE NT4(マイク) を練習に持って行くのですが、マイクを立ててケーブルを接続するのは、大して時間はかからないものの、毎回となると意外に面倒です。練習の録音が主な用途であれば、マイク内蔵型は良い選択だと思います。

【秋缶30】 東海道新幹線・東京駅(500系着発)のような状況でも使いやすいでしょうし、あと、私はあまりやりませんが、電車の中に持ち込んで走行音を録るとか。新幹線の走行音に憧れてますけど、車内で外部マイクを使うなんて勇気要り過ぎ。カタログを見た印象ですが、車内録音をするには MR-2 はおそらく最適・最高の機種のひとつでしょうね。

ただ残念なことに、MR-1 では可能だった外部マイクのバランス型接続が MR-2 では出来なくなりました (メーカーに電話で確認しました)

NT4 は本来バランス型接続で使うマイクですが、私は以前は HOSA XVM105M という変換コードを使って、アンバランス型にして MR-1 に接続していました。その後 XLR を TRS (見た目はステレオミニプラグで、バランス型のまま MR-1 の LINE/MIC入力端子に挿せる。L/R ch 各1本、計2本必要) に変換するケーブルを秋葉原で買ってきて使い始めたところ、大きい音で録音結果が歪むという点が、かなり改善しました。

アンバランス型接続のときは、バンド練習を録音すると全体にディストーションをかけたようになり、野外録音では風を受けるとすぐクリップしていました。
バランス型接続にしたら、バンド練習を録音してもほとんど歪まなくなりました (本当はまだ少し歪むのですが、メンバーにはガマンして聴いてもらえる程度になった) し、野外録音で風を受けてもクリップしなくなりました (【夏缶34-2】などでクリップしているのは、単に MR-1 側の録音レベル設定に失敗したためです)。それでマイクプリアンプはほとんど使わなくなりました。

あるマイク販売店に所見を求めたところ、「バランス型/アンバランス型自体の違いでそうなる訳ではない。一般に、接続方法が変わるとインピーダンスが変わるものだ。それが影響したかもしれない。」と教えてくれました。

NT4 の場合インピーダンスがどうなったか分かりません。本当にインピーダンスの問題だったかも分かりません。ただ、私は野外録音ではノイズの少ない NT4 を使うと決めていて、なるべく NT4 本来の電気的特性のままで使いたいと思います。それで今回は MR-2 の購入を見送ることにしました。まだ当分は寿命っぽい MR-1 をだましダマシ使い続けて行くことになりそうです。

【追記 2010/08/06】
MR-2 の内蔵マイクに期待していない訳ではありません。このマイクを含む MR-2 を使ったことがなくて、単に私が MR-2 内蔵マイクの実力を知らないだけの話とご理解下さい。力を入れて開発された製品であることは確かでしょうし、特にどれほどノイズが少ないかは大変興味があります。本機と NT4 の比較をされた幸運な方のレポートを、ぜひネット上のどこかで拝見できればと楽しみにしております。
(更に追記) → KORG MR-2 内蔵マイク vs RODE NT4

■RODE NT4(マイク) - Sound House
RODE NT4(SoundHouse)

■KORG MR-2(録音機) - Amazon

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

無料ブログはココログ