2018年9月13日 (木)

Venova で 移動ド にチャレンジ 初日

1週間前の 9/6 に楽器店スタジオで Venova 個人練習の後、店頭で本田雅人さんの教則本が発売されてるのを発見! 早速購入しました。Venova への言及は当然、一切ありませんが、サックスと共通な部分で、速攻で大きな収穫がありました。

リードのセッテイング、リガチャーの位置、マウスピースの挿し方の深さ(これは Venova 付属マウスピースではダメで、シャンクが極端に短かい、私が知ってる範囲では唯一 セルマースーパーセッション で実現できます)、アンブシュアと息の作り方。これで今日まで 1週間ほど練習したところ、好きな音色にかなり近付き、フラジオも当社比でですが、音色・音量・音域 の全てが十分に向上したと思います。

音色については、マウスピースを深く挿すというのが大変有効でした。昔サックスやってたときも、チューニングをあえて高めにして、口を緩めて吹くと、好きな音色が出てました。世の中にスーパーセッションというマウスピース製品があってくれて良かったです。でないと、Venova でそういう音色にチャレンジは出来なかったかも知れません。

音域はこれまで C4〜E6 位だったのが A6、たまに B♭6 や B6 まで出る感じになりました。あと半音ひとつで 3オクターブ可能を実証完了ですが、残念ながら C7 はまだ運指が見つかる気配がありません。

このように、教則本の前半は素晴らしく効果がありましたが、後半のハイライト「移動ド」は、なんじゃこりゃ!です。前からウワサ程度に聞いてましたが、説明されても出来る気が全くしないです。ひとつの運指に 12個の階名が付き得るって、どういう感じ?

私は強固な 固定ド 派で、試しに D♭ で 移動ド 式で吹いてみましたが、ゼッタイ無理! 固定ド で吹き直したらひどく懐かしい気がしました。「固定ド って何て素晴らしいんだ!」って思いましたね。

9/6 は「移動ド さん、さようなら。縁がありませんでしたね。」って結論になりました。

Venova で 移動ド にチャレンジ の前書き

これから、Venova で 移動ド の練習を始めます。

本田雅人さんの新刊の教則本を読んだからです。
私は 固定ド しか知らなくて、移動ド なんか出来る気がしないし、固定ド を捨てる気もサラサラありません。でも全然やらないで撤退も悔しいので、少しだけ手を出してみることにしました。ホントに出来る気がしないので、1年間限定で、来年の 9/1 になってもモノにならない感じなら諦めます。

どうなるか分からないですが、その日記をここに付けて行きます。

2018/9/13

2018年6月12日 (火)

glafit バイク 節電エコドライブ と フィットネス

自転車通勤から glafit 通勤に変えて 9日目になります。
glafit はとても快適で楽しいけど、運動にはならないなぁと最初思ってました。

glafit バイクの自転車の部分は、変速機がなく、ギヤ比はかなり低く、しかし漕ぐのはそれほど軽くもなく、推進力をかけてないとすぐに減速します。
ECO モードは、スポーツ自転車としての魅力がなく、電池切れ時の緊急用かなと思います。
一方、HIGH モードでは、どんなにゆっくりペダルを回しても、フルパワーでモーター駆動されます。高速域では足が必要回転数に追いつかず、急な坂道を下るのに似た状況になります。どんなに速く漕いでも空回り。ラク過ぎ。もちろん、モーターバイクだからとても良いことなのですが。

でも、車のエコドライブのように節電を工夫してるうちに、意外と体力を使える(=ハイブリッドな)場面が多いな〜と思うようになりました。

発進からある程度スピードが出るまで、ペダルを速く漕ぐことで、ガソリン原付っぽい加速ができます。加速をある程度足で分担するので、どれくらいかは不明ですが、節電できてると思います。1回の加速時間は短くて有効な運動にならないでしょうけれど、一時停止など発進の機会は意外と多いです。1回の発進で息を切らせて、その息が収まる頃に、次の発進の機会が来たりして、結構良い感じで運動になってる気がします。
※くれぐれも、無茶な急発進は危険! 取説にある通りです。

ある程度スピードが出ると、足の回転が追いつかなくなり、その先はモーター駆動のみ。この移行の瞬間が、ニャンとも快いです ^^。ここからペダルはもうモーター駆動の電気信号を送るためだけに回します。それは速く漕いでもゆっくり漕いでも同じフルパワー駆動みたいです。だから飛行機が巡航高度まで上がってパワーを緩めるような気分で、ペダル回転数を落とす。あとはモーターが最高速まで持って行ってくれます。静かなモーター音が実に心地良いです。

坂道は glafit になってからは大好物です。ママチャリでは登れなかった坂も glafit では良い負荷になりますね。

巡行から停止へ、交通状況を見ながら惰性走行も活用。運動と無関係ですが、節電エコドライブ。これもなんか電車の運転みたいです。

あと、最近覚えたのが、右手アクセルをある程度開けた状態でペダルを漕ぐこと。
住宅街ではスピードを出さないので、それに見合う分だけアクセルを開けばいい。ペダルと違って、右手アクセルでは、パワー調節出来るので、その分節電できると思います。ペダル漕いでフルパワーでスピード上げ、十字路で強いブレーキを繰り返すのは、電力とブレーキシューの無駄遣いですね。
で、右手アクセルを少しでも開くと、ペダルを漕いでもフル加速されないことに気付きました。右手アクセルの駆動信号が優先される感じでしょうか、このときペダルはタダの自転車としてのペダルになるみたいです。
なので、右手アクセルを目標速度より少し弱めに開いて、足りないパワーを足で補うと、いい感じで運動になるんですね。私の場合、快適速度は 12km/h くらいです。交通手段としてはノロいですが、運動のためなら時間をある程度使ってもいいと思います。

坂道も同じで、少々の上り坂では、ペダル回しのフルパワーではどんどんモーターで走って行っちゃうので、運動になりません。そうではなく、右手アクセルを適度に弱めに開いて、残りのパワーを足で補います。これで急過ぎない坂ならどこでも、右手アクセルを丁度良い負荷に調節して、運動がてら登れます。

必要あって自転車通勤からバイク通勤に切り替えましたが、私も歳が歳だから、いよいよ健康とお別れかなという気分で、なかなか踏み切れませんでした。せめて glafit ならと思って購入したのは、結果が出るのはこれからですが、多分正解だと思っています。

それと、節電エコドライブの結果を書いてみます。通勤の往復距離は 20km くらいです。メーターの電池残量グラフ(フル充電時 4個点灯)で見ます。
当初は、走行中たびたび 1個点灯まで下がり、帰宅後、しばらく走らずにおいても 1個点灯のままでした。
昨日は、走行中時々 2個点灯まで下がり、4個点灯まで戻ることも多く、帰宅直前 1個点灯もありましたが、しばらく走らずにおいて 2個点灯まで戻りました。
実際これがどれほどの距離延長に結びつくのか分かりませんが、節電エコドライブするとしないとで、違いが無いこともないような。
まあ結局は、全部でどれだけ走るかが問題なので、そのうちミニツーリングで試してみたいと思います。

2018年6月 3日 (日)

glafit バイク を受取りました

中目黒で glafit バイク を受取りました。本当は取手市まで乗って帰ろうと思ってましたが、まだ輪行袋がなく、途中で電池が切れたり、交通状況が想像以上に厳しかったりしたら逃げる手段がないので、今回はやめておきました。

今日はレンタカーを借りました。軽トラしかなかったので、それで。でも軽トラは、やはりやめといた方がよかったです。助手席に乗せるつもりでしたが、折り畳んでない状態で入れる商品箱だったのでサイズ的に無理。スーパーオートバックス代官山店 の glafit バイク担当様に、荷造り・積込み・縄で固定の重労働をさせてしまいました。写真右端の箱がそれです。帰りの一般道や高速で、どんなにていねいに運転しても、硬い荷台の上でバイクが揺れる感じで、気が気でなかったですが、箱や発泡スチロールを上手に使って下さってて、帰着後もバイクにダメージ皆無。担当さま、どうもすみません、そしてありがとうございました。

・・車で持ち帰りで購入の場合は、乗用車に折り畳んで格納の方がいいですね。

Image

追記:同じく、スーパーオートバックス代官山店さんで 2ヶ月ほど先に購入された方のブログ記事 がありました。
私が今回お世話になったのも、この記事に出てくる「お兄さん」だと思います。「買います」と申し入れたときのリアクションが全く同じなんですね。私も「まず試乗をされては?」と勧めていただきました。そして「バイクといっても普通のバイクよりかなりアシスト自転車に近いです。」と、購入者が glafit バイク のイメージを正しく把握出来ているか、とても慎重に確認・アドバイスして下さいました。試乗するなら、こちら 代官山店 はオススメだと思います。

2018年6月 1日 (金)

glafit バイク を買いに行きました

東京・中目黒のスーパーオートバックス代官山店さんに、話題の glafit バイク を買いに行きました。明後日に受取る予定です。

これまで自転車通勤していましたが、夜勤で明け方に帰宅することが多く、寝不足で自転車はかえって体に悪いなぁと感じていました。それと家族や愛猫の なみちゃん との時間も作れるということで、久し振りにモーターバイク持ちに。

glafit バイク は電力と人力のハイブリッドだそうですが、事前質問でギヤ比は固定(1段変速)で 2.63 と教わり、ちゃんと計算はしてませんが、スポーツ自転車のかなり LOW ギヤに近い軽さだと想像しました。お店で試乗させていただいた感想も同じで、坂を登るのがとてもラクな一方、平地巡航は基本的に電力だけで走るっぽく(高速時、そんなに足が速く回らないので)、あまり運動にならないと思いました。

でもいいのです。近所のスーパーにもママチャリでは、坂道があって出不精することが多いので、そういうのが解消出来そうです。

それと、ニャンコパパとして、自転車の旅に出かけることは殆ど無くなりましたが、折り畳み電動原付なら輪行も出来て、航続距離も 40km(カタログ値)で、短距離専用のツーリングバイク、まさに「小さな旅に出かけよう」と誘われてる感じです。本格ツーリング自転車だと、何となくですが 70〜100km とか走らないといけない気分になるもので、glafit バイク のそういう気軽さにも、それなりの魅力がありそうです。


Image_6
お店の裏で試乗させていただきました。1周 1分に満たない短いコースですが、登り下りの坂があり、坂道走行の感じをよく把握できました。(6月3日撮影)

Image_7
注文手続きを終えて、店内でひと休み。


2015年7月10日 (金)

リコーダー転向日記(5)〜ポップスリコーダー私的開眼前夜

(サックスを辞めてリコーダーに転向するまでの日記です。主に自分用日記で、きっとつまらないと思いますが、よかったらご覧ください。今回もサックスともリコーダーとも無関係な、完全な自分日記です。)

前の記事の時間に戻りますが、愛猫 はな&なみ のイタズラで、再びフュージョンファンに戻りました。当初は KB を始めるか、私が EWI を買うことでモモタスーパーリズムが活動再開するなら、EWI 担当でも良いと思ってました。

2014/04/20
モモタスーパーリズム、1年振り?にコアメンバのミーティング、活動は引き続き休止中へ。
この頃、メンバーで親友の M君に「KB でカシオペアのユーフォニーをやりたい」とか書いてました。

2014/06/17
架空の新バンドのセットリストを作成。MEZZOFORTE の曲です。ここでも KB をやると書いてます。
・Icebraker
・The Funky Fish Fillet
・Fiona
・Joyride
・Cobra
・Observations

2014/11/12
この頃 MEZZOFORTE のレイキャビクライブを聴き始めました。元々 M君が、このライブの、特に Drive を良いと言ってたので、どれほどのものか聴いてやろうって感じです。すぐに Drive のトランペットソロに惹きつけられました。管楽器ならではの躍動感です。こういう演奏を自分もしてみたい。トランペットもサックスも今から今の環境じゃ無理。でもリコーダーでこれに迫るプレイが出来るのではないか、自己満足で良いのだから、となって行ったと思います。でもそれはもう少し後で、この日のメールには KB の良さばかりを書いてました。

2015年7月 9日 (木)

リコーダー転向日記(4)〜もう一度、フュージョン

(サックスを辞めてリコーダーに転向するまでの日記です。主に自分用日記で、きっとつまらないと思いますが、よかったらご覧ください。今回もサックスともリコーダーとも無関係な、完全な自分日記です。)

2014/01/23 頃、仕事の車の中で、何故か急に iPad から、MEZZOFORTE の The Funky Fish Fillet が鳴り出しました。この時期「みなみけ」のアニソンばかり聴いてましたが、やっぱり MEZZOFORTE は良いなと思って、モモタスーパーリズムの最終ライブでコピーに取り組んだレイキャビクライブを YouTube で聴き直してみました。
その動画は Drive という曲で始まりますが、途中のトランペットソロが凄いのです。やはりフュージョンはいいなあと思いました。正直に言うと、管楽器はいいなあ、なんですけど、KB に転向すると決めてたので、あまりそちらは考えないようにしました。
・・・その後、例えばリコーダーなら、そのトランペットソロと同じ音楽体験を得られるんじゃないかな、ってなって行ったと思います。今となっては、リコーダーを最初に思い浮かべたのが、いつどんな状況だったか思い出せないですが。

それにしても、あのとき iPad が勝手にあの曲を鳴らさなければ、もしかしたら今の取り組みをしてなかったかも知れなくて、KB でアニソンを引き続き夢見てたかも知れなくて。あの曲なんか知らなくて、1度もかけたこともないのに。iPad がそう誤動作するケースはあるらしいですが、なぜ "あの曲が" 鳴り出したのか不思議です。先代愛猫の はな と今代愛猫の なみ のイタズラだと思うことにしました。いや、きっとそうだと思います。

2015年7月 8日 (水)

リコーダー転向日記(3)〜KB で「みなみけ」のアニソンをやりたくなった

(サックスを辞めてリコーダーに転向するまでの日記です。主に自分用日記で、きっとつまらないと思いますが、よかったらご覧ください。今回はサックスともリコーダーとも無関係な、完全な自分日記です。)

そんな訳で、自宅か、戸外でも気軽に練習できる楽器を始めようとしてました。

2012年頃だったか、YouTube で偶然「みなみけ」というアニメを見ました。このオープニング曲やエンディング曲がすごく良いのです。
「経験値上昇中☆」という曲、もちろん歌物で、声優さんが歌うのですが、T-SQUARE の「Omens of Love」に雰囲気が似ていると思います。J-フュージョンに歌を付けた感じ。その他、今までに「みなみけ」は第4期まで制作され、コミック付録DVD も含めて、主題曲類は 11曲ほどあります。そのそれぞれが、明るい曲調で、転調や和声やサウンドが印象深く、こういうのを自分で KB で再現出来たらいいだろうなって思うようになりました。
長いこと考えて、楽器も音楽も、こちらに転向すると決めました。ただ、その時点でやってた音楽活動からも、活動仲間からも、一度遠ざかる覚悟が必要でした。一度、独り活動に戻らなければならない。自分は KB 弾きとして再びこの立場に帰って来れるだろうか?

2013/04/?? モモタスーパーリズム 活動休止前の最終ライブ・・・自転車事故の怪我で欠場
2013/07/15 KB への転向を決め、Roland JUNO-Gi の中古を購入
2013/07/?? J*******さんバンドライブに Sax で参加、これで Sax を辞める
2013/07/25 ヤフオクに Sax を出品、08/01 落札される

この後、部屋の机上に JUNO-Gi を置いたまま、何となく手が付かず、アニソンバンドを夢見ながら、実際には何も進みませんでした。Sax を辞めて初めて実感したのですが、昨日まで Sax のそこそこ吹ける奴として、いろんな活動に呼んでもらってたのに、Sax を吹かなくなると、自分にはそれに代わる武器がいま無いんですよね。予定通りとは言え、仲間内でバンド活動者の立場を失い、もしかしたら自分は音楽活動そのものから離れるのかなあ、と思わなくもありませんでした。「みなみけ」の曲達は聴き続けてましたが。

リコーダー転向日記(2)〜オレはサックスは上手くなれない

(サックスを辞めてリコーダーに転向するまでの日記です。主に自分用日記で、きっとつまらないと思いますが、よかったらご覧ください。)

モモタスーパーリズム(MSR)というアマチュアバンドでアルトサックスをやってました。
中級程度は自称出来てたかと思いますが、中級のまま 10年以上全然成長してませんでした。

何年も前に YouTube でアマチュアのテナーサックスの独り演奏を聴きました。それがどの動画だったかもう分かりませんが、すごく上手で、フレーズも豊富で、ジャズフュージョンのニュアンスをとても自然に出してました。
オレは、こうはなれないよなあ・・・ MSR で活動しながら、何年もそう思って来ました。
いろんなアマチュア活動にも呼ばれ、仲間内では「上手いサックス吹き」と言ってもらってました。でも中級より上の演奏が出来ないのもバレてたと思います。

成長しない理由は、練習不足でした。サックスは音がとても大きく、自宅で練習はできません。よく休日に川原に行って練習してました。月2回くらいですが、それで中級になり、中級を維持することは可能です。でももっと成長しようと思うと、それでは全然足りないです。

どうすれば練習を増やせるか?
自宅に防音室を導入すればいつでも吹けるようになる。これは素晴らしい解決策です。でもサックス練習の環境に何十万円もかけることは自分には無理です。
普通の勤め人なので、川原での練習を増やすのも難しいです。
あとは、いつも楽器を持ち歩いて、時間を見つけては練習する案。これは楽器が大きく重く、音も大きいので難しいです。
結局、多分自分はこの後 10年でも、変わらず中級やってるだろうなあ、と思いました。

それでも楽しければ良いですが、自分がやりたい演奏と、実際出来てる演奏の差が大きくてなかなか楽しめないです。そんなんで、サックス続ける意味あるのかな・・・ MSR やお呼ばれのバンドでの活動を続けながら、ずっとそう考えてました。
解決するには、やりたいことが出来るまで練習すればいい。するためにはどうすればいいか。例えば EWI などウィンドシンセなら、自宅で好きな時間に好きなだけ練習できます。EWI 専門に転向してもいいし、音楽面での練習成果をサックスに持ち帰ることもある程度可能。ひとつの有望な選択肢だと思います。

リコーダー転向日記(1)〜前書き

(サックスを辞めてリコーダーに転向するまでの日記です。主に自分用日記で、きっとつまらないと思いますが、よかったらご覧ください。)

いま、リコーダーとシンセ多重録音で、バンド音楽のコピー演奏をして YouTube に投稿する独り活動をしています。
本当はリコーダー 1本持って、メンバーを集めてバンドを作りたいですが、リコーダーがメインのバンドは前例が見当たらず、自分でもいまだにちゃんと出来るのか分かりません。それで、それじゃあということで、全部自分で録音しながら実験を進めて行ってるところです。一定の曲数が貯まれば、この方面でのリコーダーの能力を確認できるし、バンドを作るときのデモ音源にもなるかなと思います。

この間に起こったことや考えたことを、ここで記録しておこうと思います。

«5Links2 ギヤ比変更(フロントギヤ交換)

無料ブログはココログ