2018年10月15日 (月)

Venova で 移動ド 練習を簡略化、固定ド もマジメに

移動ド の練習を簡略化することにした。
まだ 移動ド に十分な信頼を置いてる訳ではなく、結局 固定ド でやって行く可能性も残ってる。
なので、移動ド は軽めで短時間で効果的な練習を毎日やることにして、浮かした時間の分、固定ド の 12キー練習もマジメにやる。

3度以上の上行下行練習だが、時間がかかる割りに、効果が十分でない気がしてきた。指のメカニカルトレーニングとしては完備だけど、運指に音楽的な感覚や意味を結びつけ難いと思う。音の並び方が機械的で、心が全然共感しないのだ。逆に、学校唱歌練習は良いと思う。ちゃんとした曲なので、インターバル跳躍がちゃんと音楽的な意味を持っている。今日も 富士山の歌 を吹いてて、各キーにおいて、3, 4, 6度跳躍に対応する運指を、相対運指的に楽しく感じ取ることが出来た。曲は聴いて楽しむためのものであり、あらゆるインターバル跳躍を完備してはいないから、インターバル練習用として完備ではないが、そんなことよりも、音楽的な意味や感覚と相対運指がリンクすることの方が大事だ。曲数を増やせばいずれは「質より量」で完備になる。

ということで、移動ド の毎日の練習は、12キーメジャースケール練習と、学校唱歌練習(当面、富士山の歌)だけに絞る。

一方、固定ド の練習は、手持ちのソロフレーズを、12キーで練習する。自分で作った固定化ソロは、まだ 2曲分しかないけど、それは自分好みの歌の塊で、しかもちゃんと練ってあるから、12キー練習する値打ちは十分ある。但しそれらは Venova の限られた音域(現在 C4〜B♭6)を全域使ってるので、キーを上げ下げすると吹けない音(ノート)が出てくる。だから固定ソロ全長では 12キー化は無理なので、フレーズの一部を切り出して、それを 12キーでやるしかない。そのフレーズ切り出しを近日中にやって、早く 12キー練習に突入しよう。12キーで十分に馴れたら、それを 移動ド 練習にも使えるようになる(移動ド 自体、自分には必要なくなる可能性もある)。

2018年10月 7日 (日)

Venova で 移動ド 3度上行下行まで練習継続中

メジャースケール練習は、時々、フラジオ域の一部の運指をキレイに忘れることがあるが、全体に中高速で問題なく、ドレミの意識を持って吹ける。

3度上行下行は、まだ苦手意識があり、メジャースケール練習に続いてこっちの練習に突入するのに、気分的に抵抗感がある。しかし吹き始めると中低速でそこそこ吹けるし、一通り 12キーをやり切ると、その後暇つぶし的に繰り返しダラダラ吹き続けたりするので、まあ、身になって来てはいると思う。

どちらも、指の動きが身について来てて、そこに ドレミ の意識を乗せるのが上手くなったというだけのことであり、各キーの個々の階名が運指に結びついてる訳ではない。指が勝手に動くという意味では、ピアノで馴れた曲を弾くのと似てる。例えば、その曲の途中でつっかえて止まってしまい、そこから弾き始められなかったりする。昔、ピアノ教室の先生に、そこら辺はプロのピアニストでも同じだと聞いたことがある。先生のお話しによれば、プロのピアニストでも、ステージ演奏で止まってしまったときの対策として、曲の途中にいくつも弾き始められる場所を設けて、そこから弾き始める練習をするらしい。

移動ド 練習は、まだ上手く行くかどうか、よく分からないのだが、とりあえずこのまま、3度上行下行に馴れたら、4度上行下行、5度上行下行 までやろうと思う。そこまで出来たら、曲吹きのかなりの場面に対応出来るようになると思う。学校唱歌の 12キー移動ド 練習も、十分に意味はあると思うが、練習時間が長くなり過ぎて億劫になって、練習自体をサボりそうな気がして来たので、やめた。毎日、移動ド の練習は短時間でスパッと切り上げ、その代わり1日も欠かさず続ける方針。

なお、今日 C7 の運指を見つけたので、練習時に追加した。ただし、B♭6 から上の音は、たまに出ることがあるだけのレベルなので、音が出せてないまま運指の練習ということで。
その後の練習でフラジオ運指を再検討して、G#6〜B♭6 に、もっと良い運指を見つけた。これまでよりずっと出し易く、キチンと練習すれば曲吹きでも使えそうだ。B6 と C7 は、それに比べるととても吹きにくく、やはりもっと良い運指を見つけないと、いつまで経っても使えないと思った。運指の変更は曲吹きでも影響があるけど、スケール等基本練習で馴れてしまうと、もっと影響が大きい。とりあえず 移動ド 練習は、運指が信頼できる C4〜B♭6 までにしておく。

2018年9月28日 (金)

Venova で 移動ド 富士山の歌の練習を追加

12キーメジャースケールは、低・中・快速(速よりは遅い) でほぼ淀みなく吹けるようになった。まだ階名と運指は全然結びついてない。

3度上行下行 は、低速で何となく吹ける感じ。フラジオ域はまだ全然ダメ。コッチは運指が勝手に出てこないし、階名歌いも時々訳が分からなくなる。運指と階名歌いは、それぞれ別途成長すると思うし、そうなれば今のメジャースケールと同じ程度には吹けるようになる筈だ。

富士山の歌 も一緒に練習することにした。当分は通常音域だけ(全13キー(Cはオクターブ上もあるので))でやる。フラジオ域は運指がまだ出来てないし、アンブシュアだって疲れる。そっちは 3度上行下行 だけでやる。
富士山の歌 はゆっくり練習しないといけない。速くすると、意識の中で ドレミ じゃなくてつい歌詞を歌ってしまう。ゆっくりやってると、3度・4度・6度 の跳躍に対して、各キーともインターバルと運指が呼応する感覚があって、なんか楽しい。そういえばこの曲は 5度の跳躍は無かったな。

こうしてみると、現時点では、各キーの各音階に運指が結びつくよりも、インターバルによって次の運指が出て来る方が、速く成長してるようだ。

2018年9月25日 (火)

Venova で 移動ド 3度上行下行練習開始

各キーのメジャースケールは十分吹けるようになって来た。テンポも 底・中・高 の各速度でやれる。ただし、各階名と運指が結びついてる訳ではない。固定ド を意識中で歌わなくてもスケールが吹けるようになったところへ、移動ド を重ねて意識してるだけだ。このまま反復練習を続けて、運指に階名がつくにしろ、インターバルによる相対運指が上手くなるにしろ、何らかの感覚が勝手に育つのを待つ。小学校で九九を始めた時だって、こんな感覚だった。ハッキリ覚えてる。

その次の課程は、いろいろ考えたが、3度上行下行(ドミレファミソファラ・・・)をやることにした。

2018年9月24日 (月)

Venova で 移動ド メジャースケール修了まで

※ このあとホントにタダの日記になります。

-------

9/12 に 2回目の 移動ド の練習をしてみた。
心の中で ドレミ・・・ を意識しながら、各キーのメジャースケールを吹く。
直ぐに出来てしまった。意外と簡単ではないか。何が起こってたかを分析してみた。

やはり、リコーダー取組み以来、3年以上 固定ド の 12キーのメジャースケールを練習してきたのが効いてる。各キーで指がかなり勝手に動いてくれる。意識の中で歌ってる ドレミ は、各音の運指には直結していない。単に前の音と次の音のインターバルが半音か全音かを計るために使ってた気がする。そして指は勝手に、現在の運指の半音か全音上下の運指を選んでるだけな気がした。これが 移動ド か? 現在の運指とインターバルから、次の運指を決定する。まさに相対ではないか。運指を決めるのが階名や音名なら、固定移動問わずそれは絶対値指定であり、絶対運指とでも呼びたい。運指を決めるのが前の(=基準の)運指とインターバルなら、それはインターバルという相対値によるのであり、相対運指とでも呼びたい。

もうこれで真実を知ってしまった気になった。あとは繰り返し練習でカラダに覚え込ませるだけだ。

ところが翌日 13日だったか、その繰り返し練習が全く上手く行かない。何処が悪いかというと、特にフラジオ域(C#6〜B6)の運指に規則性が乏しいか、自分の習熟度が低いことかも知れなかった。フラジオ域の運指はゴチャゴチャしてて、上記の相対運指にとても使いにくく、これは無理ではないか?という気がしてきた。そんな気分に支配されると、通常音域でもオレは 移動ド はダメではないかと思えてきた。

もしかしたら 移動ド と言えども、各音の階名に運指を直結して覚えるのだろうか? だとすると、1オクターブ限定でも 12の運指に 各キーの計 12個の音階名を結びつけて覚えるのだ。これだけで 144個の組み合わせだ。そんなことが可能なのだろうか? 絶望感があり、もうオレは 固定ド でいいやとも思ったが、やはり 移動ド が自由ソロに有利そうな雰囲気が気になり、とりあえずメジャースケール練習だけ続けることにした。

今日 9/24 のスケール練習で、進歩を自覚した。移動ド と 固定ド の両方でスケール練習をしているが、固定ド のときにウッカリ 移動ド に迷い込んでしまった。やはり身になってきてはいるのだろう。よし、これでひとまずメジャースケールは修了だ。毎日反復練習で馴染んで行けばよい。しかし、曲吹きにはまだ程遠い。簡単な学校唱歌さえ無理だ。
直接 富士山 や こいのぼり 等を各キーで練習する方法も考えられる。12キーだけでなく、Venova の全音域でそれを行なえばいい(同じ ハ長調 でも 1オクターブ上は別ものと見る)。でも今日のところは、メジャー12キーの 3度上下(ドミレファミソファラ・・・)をやってみた。

こりゃダメだ。全然運指が出てこない。特にフラジオ域は、途中で、音域のどの辺を吹いてるのかさえ分からなくなる。やはり各音階名に運指を直結できてる訳じゃないんだ。ただスケールが吹けて、そこにドレミ の意識を乗せるのが上手くなっただけなんだ。3度練習は 固定ド でもマジメにやってないから、指が勝手に動いてくれないんだ。一巡しただけで今日の練習は終了。こんな練習に 30分とかかかってしまった。今後どうするかな〜。タダの 3度練習なんか退屈だし、一度に全音域(現在、1キーあたり C4〜B6 の内の 21ノート)を扱うのは、身につくのに時間がかかりそうだ。富士山 や こいのぼり なら 1回 1オクターブ(8ノート)で小分割となり、ステップバイステップな練習が出来るだろうな。検討を続ける。

2018年9月13日 (木)

Venova で 移動ド にチャレンジ 初日

1週間前の 9/6 に楽器店スタジオで Venova 個人練習の後、店頭で本田雅人さんの教則本が発売されてるのを発見! 早速購入しました。Venova への言及は当然、一切ありませんが、サックスと共通な部分で、速攻で大きな収穫がありました。

リードのセッテイング、リガチャーの位置、マウスピースの挿し方の深さ(これは Venova 付属マウスピースではダメで、シャンクが極端に短かい、私が知ってる範囲では唯一 セルマースーパーセッション で実現できます)、アンブシュアと息の作り方。これで今日まで 1週間ほど練習したところ、好きな音色にかなり近付き、フラジオも当社比でですが、音色・音量・音域 の全てが十分に向上したと思います。

音色については、マウスピースを深く挿すというのが大変有効でした。昔サックスやってたときも、チューニングをあえて高めにして、口を緩めて吹くと、好きな音色が出てました。世の中にスーパーセッションというマウスピース製品があってくれて良かったです。でないと、Venova でそういう音色にチャレンジは出来なかったかも知れません。

音域はこれまで C4〜E6 位だったのが A6、たまに B♭6 や B6 まで出る感じになりました。あと半音ひとつで 3オクターブ可能を実証完了ですが、残念ながら C7 はまだ運指が見つかる気配がありません。

このように、教則本の前半は素晴らしく効果がありましたが、後半のハイライト「移動ド」は、なんじゃこりゃ!です。前からウワサ程度に聞いてましたが、説明されても出来る気が全くしないです。ひとつの運指に 12個の階名が付き得るって、どういう感じ?

私は強固な 固定ド 派で、試しに D♭ で 移動ド 式で吹いてみましたが、ゼッタイ無理! 固定ド で吹き直したらひどく懐かしい気がしました。「固定ド って何て素晴らしいんだ!」って思いましたね。

9/6 は「移動ド さん、さようなら。縁がありませんでしたね。」って結論になりました。

Venova で 移動ド にチャレンジ の前書き

これから、Venova で 移動ド の練習を始めます。

本田雅人さんの新刊の教則本を読んだからです。
私は 固定ド しか知らなくて、移動ド なんか出来る気がしないし、固定ド を捨てる気もサラサラありません。でも全然やらないで撤退も悔しいので、少しだけ手を出してみることにしました。ホントに出来る気がしないので、1年間限定で、来年の 9/1 になってもモノにならない感じなら諦めます。

どうなるか分からないですが、その日記をここに付けて行きます。

2018/9/13

2018年6月12日 (火)

glafit バイク 節電エコドライブ と フィットネス

自転車通勤から glafit 通勤に変えて 9日目になります。
glafit はとても快適で楽しいけど、運動にはならないなぁと最初思ってました。

glafit バイクの自転車の部分は、変速機がなく、ギヤ比はかなり低く、しかし漕ぐのはそれほど軽くもなく、推進力をかけてないとすぐに減速します。
ECO モードは、スポーツ自転車としての魅力がなく、電池切れ時の緊急用かなと思います。
一方、HIGH モードでは、どんなにゆっくりペダルを回しても、フルパワーでモーター駆動されます。高速域では足が必要回転数に追いつかず、急な坂道を下るのに似た状況になります。どんなに速く漕いでも空回り。ラク過ぎ。もちろん、モーターバイクだからとても良いことなのですが。

でも、車のエコドライブのように節電を工夫してるうちに、意外と体力を使える(=ハイブリッドな)場面が多いな〜と思うようになりました。

発進からある程度スピードが出るまで、ペダルを速く漕ぐことで、ガソリン原付っぽい加速ができます。加速をある程度足で分担するので、どれくらいかは不明ですが、節電できてると思います。1回の加速時間は短くて有効な運動にならないでしょうけれど、一時停止など発進の機会は意外と多いです。1回の発進で息を切らせて、その息が収まる頃に、次の発進の機会が来たりして、結構良い感じで運動になってる気がします。
※くれぐれも、無茶な急発進は危険! 取説にある通りです。

ある程度スピードが出ると、足の回転が追いつかなくなり、その先はモーター駆動のみ。この移行の瞬間が、ニャンとも快いです ^^。ここからペダルはもうモーター駆動の電気信号を送るためだけに回します。それは速く漕いでもゆっくり漕いでも同じフルパワー駆動みたいです。だから飛行機が巡航高度まで上がってパワーを緩めるような気分で、ペダル回転数を落とす。あとはモーターが最高速まで持って行ってくれます。静かなモーター音が実に心地良いです。

坂道は glafit になってからは大好物です。ママチャリでは登れなかった坂も glafit では良い負荷になりますね。

巡行から停止へ、交通状況を見ながら惰性走行も活用。運動と無関係ですが、節電エコドライブ。これもなんか電車の運転みたいです。

あと、最近覚えたのが、右手アクセルをある程度開けた状態でペダルを漕ぐこと。
住宅街ではスピードを出さないので、それに見合う分だけアクセルを開けばいい。ペダルと違って、右手アクセルでは、パワー調節出来るので、その分節電できると思います。ペダル漕いでフルパワーでスピード上げ、十字路で強いブレーキを繰り返すのは、電力とブレーキシューの無駄遣いですね。
で、右手アクセルを少しでも開くと、ペダルを漕いでもフル加速されないことに気付きました。右手アクセルの駆動信号が優先される感じでしょうか、このときペダルはタダの自転車としてのペダルになるみたいです。
なので、右手アクセルを目標速度より少し弱めに開いて、足りないパワーを足で補うと、いい感じで運動になるんですね。私の場合、快適速度は 12km/h くらいです。交通手段としてはノロいですが、運動のためなら時間をある程度使ってもいいと思います。

坂道も同じで、少々の上り坂では、ペダル回しのフルパワーではどんどんモーターで走って行っちゃうので、運動になりません。そうではなく、右手アクセルを適度に弱めに開いて、残りのパワーを足で補います。これで急過ぎない坂ならどこでも、右手アクセルを丁度良い負荷に調節して、運動がてら登れます。

必要あって自転車通勤からバイク通勤に切り替えましたが、私も歳が歳だから、いよいよ健康とお別れかなという気分で、なかなか踏み切れませんでした。せめて glafit ならと思って購入したのは、結果が出るのはこれからですが、多分正解だと思っています。

それと、節電エコドライブの結果を書いてみます。通勤の往復距離は 20km くらいです。メーターの電池残量グラフ(フル充電時 4個点灯)で見ます。
当初は、走行中たびたび 1個点灯まで下がり、帰宅後、しばらく走らずにおいても 1個点灯のままでした。
昨日は、走行中時々 2個点灯まで下がり、4個点灯まで戻ることも多く、帰宅直前 1個点灯もありましたが、しばらく走らずにおいて 2個点灯まで戻りました。
実際これがどれほどの距離延長に結びつくのか分かりませんが、節電エコドライブするとしないとで、違いが無いこともないような。
まあ結局は、全部でどれだけ走るかが問題なので、そのうちミニツーリングで試してみたいと思います。

2018年6月 3日 (日)

glafit バイク を受取りました

中目黒で glafit バイク を受取りました。本当は取手市まで乗って帰ろうと思ってましたが、まだ輪行袋がなく、途中で電池が切れたり、交通状況が想像以上に厳しかったりしたら逃げる手段がないので、今回はやめておきました。

今日はレンタカーを借りました。軽トラしかなかったので、それで。でも軽トラは、やはりやめといた方がよかったです。助手席に乗せるつもりでしたが、折り畳んでない状態で入れる商品箱だったのでサイズ的に無理。スーパーオートバックス代官山店 の glafit バイク担当様に、荷造り・積込み・縄で固定の重労働をさせてしまいました。写真右端の箱がそれです。帰りの一般道や高速で、どんなにていねいに運転しても、硬い荷台の上でバイクが揺れる感じで、気が気でなかったですが、箱や発泡スチロールを上手に使って下さってて、帰着後もバイクにダメージ皆無。担当さま、どうもすみません、そしてありがとうございました。

・・車で持ち帰りで購入の場合は、乗用車に折り畳んで格納の方がいいですね。

Image

追記:同じく、スーパーオートバックス代官山店さんで 2ヶ月ほど先に購入された方のブログ記事 がありました。
私が今回お世話になったのも、この記事に出てくる「お兄さん」だと思います。「買います」と申し入れたときのリアクションが全く同じなんですね。私も「まず試乗をされては?」と勧めていただきました。そして「バイクといっても普通のバイクよりかなりアシスト自転車に近いです。」と、購入者が glafit バイク のイメージを正しく把握出来ているか、とても慎重に確認・アドバイスして下さいました。試乗するなら、こちら 代官山店 はオススメだと思います。

2018年6月 1日 (金)

glafit バイク を買いに行きました

東京・中目黒のスーパーオートバックス代官山店さんに、話題の glafit バイク を買いに行きました。明後日に受取る予定です。

これまで自転車通勤していましたが、夜勤で明け方に帰宅することが多く、寝不足で自転車はかえって体に悪いなぁと感じていました。それと家族や愛猫の なみちゃん との時間も作れるということで、久し振りにモーターバイク持ちに。

glafit バイク は電力と人力のハイブリッドだそうですが、事前質問でギヤ比は固定(1段変速)で 2.63 と教わり、ちゃんと計算はしてませんが、スポーツ自転車のかなり LOW ギヤに近い軽さだと想像しました。お店で試乗させていただいた感想も同じで、坂を登るのがとてもラクな一方、平地巡航は基本的に電力だけで走るっぽく(高速時、そんなに足が速く回らないので)、あまり運動にならないと思いました。

でもいいのです。近所のスーパーにもママチャリでは、坂道があって出不精することが多いので、そういうのが解消出来そうです。

それと、ニャンコパパとして、自転車の旅に出かけることは殆ど無くなりましたが、折り畳み電動原付なら輪行も出来て、航続距離も 40km(カタログ値)で、短距離専用のツーリングバイク、まさに「小さな旅に出かけよう」と誘われてる感じです。本格ツーリング自転車だと、何となくですが 70〜100km とか走らないといけない気分になるもので、glafit バイク のそういう気軽さにも、それなりの魅力がありそうです。


Image_6
お店の裏で試乗させていただきました。1周 1分に満たない短いコースですが、登り下りの坂があり、坂道走行の感じをよく把握できました。(6月3日撮影)

Image_7
注文手続きを終えて、店内でひと休み。


«リコーダー転向日記(5)〜ポップスリコーダー私的開眼前夜

無料ブログはココログ